クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。
image
2021.09.02 │ はねたま通信 │

10月の新刊 ヤングケアラー

ヤングでは終わらないヤングケアラー
きょうだいヤングケアラーのライフステージと葛藤 
……………………………………………………………… 
仲田海人・木村諭志/編著
A5判216頁 定価2200円
ISBN978-4-86342-315-2

ヤングケアラー経験者で作業療法士、看護師になった立場から作業療法や環境調整、
メンタルヘルスの視点、看護や精神分析、家族支援の視点を踏まえつつ、
ヤングケアラーの現状とこれからについて分析・支援方策を提言。
2021.09.02 │ はねたま通信 │

9月の新刊 性と生/FBM

障がいのある子ども・若者の性と生
「からだ」と「こころ」を大好きになろう
………………………………………………………………
木全和巳・伊藤加奈子・伊藤修毅・田中弘美
NPO法人子ども&まちネットSTEPプロジェクト委員会/編著
付録DVD アニメーション「命のはじまり〜出産まで」
B5判145頁 定価2420円
ISBN978-4-86342-309-1
子どもや若者と一緒に生命や愛、性と生に向き合い、
独自教材を最適にカスタマイズしながら学べる。


エンジョイ! ファシリテーション・ボール・メソッド
発達を支援するからだの学習
………………………………………………………………
FBM研究会/編著
B5判120頁 定価2200円
ISBN978-4-86342-312-1
空気の量を調節したボールに乗って、リラックス&ムーブメントを楽しもう!

2021.07.21 │ はねたま通信 │

『病気の子どもの教育入門』お問い合わせください

免許認定講習のテキストとなっております『病気の子どもの教育入門』は、少し在庫がございます。
直接お問い合わせください。
メール:info@creates-k.co.jp
電 話:075-661-5741

なお、22日(木)〜25日(日)はお休みをいただきます。
発送は26日(月)以降となります。

2021.07.08 │ はねたま通信 │

「全国専攻科研究会ガイドブック学習会」開催

全国専攻科研究会(全専研)さんは、6月から毎月1回を予定し連続して
「ガイドブック学習会」を開催されています。
『障がい青年の学校から社会への移行期の学び   学校・福祉事業型専攻科ガイドブック』
(田中良三・國本真吾・小畑耕作・安達俊昭・全国専攻科(特別ニーズ教育)研究会/編)に
執筆された方々を迎えての学習会。
第2回目となる今月は……

7月30日(金) 19時〜21時
報告1:田中隆人(三愛学舎特別支援学校)
報告2:池田普子(シャイン)
コメンテーター:辻正(聖母の家学園)

▼詳しくはチラシをご覧ください



▼ガイドブックはこちら障がい青年の学校から社会への移行期の学び   学校・福祉事業型専攻科ガイドブック
2021.07.05 │ はねたま通信 │

「絵本こどもに伝える認知症シリーズ」毎日新聞掃苔記で話題に

毎日新聞「滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)」(7月4日)で、「絵本こどもに伝える認知症シリーズ」が取り上げられました。

作者の藤川幸之助さんの絵本づくりのきっかけとなるエピソードや、第1弾『赤ちゃんキューちゃん』から第2弾『おじいちゃんの手帳』、第3弾『一本の線をひくと』のお話と実体験とのつながりが紹介されています。

 

藤川さんによる朗読も聞ける、絵本特設サイトはこちら

https://www.creates-dc.com/dementia

 

2021.06.11 │ はねたま通信 │

2021年ムーブメント教育・療育オンラインセミナーのお知らせ

『子どもたちが笑顔で育つムーブメント療育』の著者小林芳文さんらが活動する、

日本ムーブメント教育・療育協会さんでは、 8月に講座を開催されます。

今年は14日にオンデマンド講座、29日にライブ講座を予定。

くわしくは下記、協会HPをご覧ください。

 

[講座の詳細・申込みなど]

http://jamet-npo.jp/seminar.html

 

[『子どもたちが笑顔で育つムーブメント療育』はこちら]

https://www.creates-k.co.jp/genre/hoiku/1507/

 

 

2021.05.18 │ はねたま通信 │

新刊『「学童保育×作業療法」コンサルテーション』6月発売

6月の新刊
『「学童保育×作業療法」コンサルテーション 地域に出よう作業療法士』
監修:小林隆司
編著:八重樫貴之・佐藤葉子・糸山智栄
B5判・160ページ(オールカラー)​定価:2420円(本体2200円+税)
ISBN4-86342-307-7 C0036
子どもの特性、環境、友だち、支援者の関わり…コンサル20事例で学ぶコンサルテーション入門書。

出版を記念してセミナーを開催します。
詳細はこちらから

2021.04.22 │ はねたま通信 │

藤野高明さん、NHK福祉情報サイト ハートネットで紹介

藤野高明さんが「自分ひとりで生きようとしない〜両目と両手を失った元教師」
(2021年4月6日記事公開)として、
NHK福祉情報サイトハートネットで紹介されています。

5月5日(水)午後8時から、Eテレ ハートネットTVで、
「文字の獲得は光の獲得でした 両目と両手を失って」が放送予定。

紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=C_Yftji3qf0

両手、両眼を失った二重の障害をかかえながら、点字を得て希望を取り戻し、
教師として教育や福祉の現場で活躍した歩み、学び、生き方を綴る、
藤野さんの著書2冊。ぜひご覧ください。

『楽しく生きる』 2015年発行 A5判160ページ 1650円
『未来につなぐいのち』 2007年発行 A5判205ページ 1760円
2021.04.21 │ はねたま通信 │

絵本こどもに伝える認知症シリーズ全5巻そろいました

2020年3月から発行してきた、絵本こどもに伝える認知症シリーズ(全5巻)の最終巻が完成しました。
認知症のあるおじいちゃんやおばあちゃんとの関わりを、
孫の視点で描きます。 

子育てをしていた若いころが一番楽しかったおばあちゃんは、
いつもセルロイドの人形と一緒『赤ちゃんキューちゃん』、
どんな時もちいさな黒い手帳を離さず持ち歩くおじいちゃん『おじいちゃんの手帳』、
友だちのおばあちゃんに接して初めて認知症知ったぼく『一本の線をひくと』、
文通していたおばあちゃんの手紙が同じ内容に『赤いスパゲッチ』、
認知症のおじいちゃんと入れかわってしまったぼくの体験『じいちゃん、出発進行!』

認知症の本人、家族、周囲の人の思いやつながりから、認知症をよみといていきます。


 

2021.03.15 │ はねたま通信 │

メール復旧しました

大変ご迷惑おかけしていましたメールが復旧いたしました。

これまでどおりのアドレスに送っていただいて問題ございません。

ご迷惑おかけしました。

 

クリエイツかもがわ

2021.03.12 │ はねたま通信 │

メールアドレス不通のおわび

いつもお世話になりありがとうございます。

3月10日夜から、弊社ウェブサーバーに不具合があり、メールアドレスが不通となっております。

お急ぎの場合は、下記アドレスへご連絡をお願いいたします。

hanetama@crekamo.xsrv.jp

復旧次第このアドレスは削除させていただきます。

ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

どうかよろしくお願い申し上げます。

次ページへ »