クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

特別支援教育

障害のある子どもの教育目標・教育評価

重症児を中心に

三木裕和、越野和之、障害児教育の教育目標・教育評価研究会/編著

僅少
障害のある子どもの教育目標・教育評価

子どものことを楽しく話したい!

障害児教育分野での教育目標・教育評価のトレンド
「客観性」「測定可能性」「成果」を、
研究者と実践家が様々な角度から鋭く論考。

〈もくじより〉
第1部
障害児教育における
教育目標・教育評価の現状と課題(鳥取大学・三木裕和)
子どもの発達をどうとらえるか(鳥取大学・寺川志奈子)
心理学からみた特別支援教育におけるエビデンス(神戸大学・赤木和重)
子どもと教師のダイナミックな発達を促す教育評価とは
(神戸大学・川地亜弥子)

第2部
恋愛を学ぶことは教育目標になるのか
(兵庫県立いなみ野特別支援学校・原田文孝)
心が動き出す時 ハグタイム(滋賀県立八日市養護学校・木澤愛子)
「こうちゃうかな…?」を大切に(大阪市特別支援学校・久保知子)

第3部
障害児教育における教育目標および
教育評価に関する検討課題(奈良教育大学・越野和之)
絵本の読み聞かせから学ぶもの(鳥取短期大学・内藤綾子)
特別支援教育におけるキャリア教育の要求(鳥取短期大学・國本真吾)

コラム
東京の特別支援学校における「目標と評価」
(東京都立特別支援学校・羽鳥志遠)
「みる・きく」の授業づくり(兵庫県立和田山特別支援学校・田中吉美)
重症児のねがいを発達からとらえる
(和歌山県立紀伊コスモス支援学校・南 有紀)
「すべての人にすべてのことを」(鳥取大学・山根俊喜)

PROFILE

三木裕和

兵庫県立出石特別支援学校勤務を経て、鳥取大学地域学部地域教育学科教授。

越野和之

奈良教育大学学校教育講座教授

障害児教育の教育目標・教育評価研究会

2012年から鳥取大学を会場に研究者と学校教員の共同研究をスタート。障害カテゴリーを重症心身障害、さらに自閉症・発達障害に広げ、研究を深める。