クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

「災害救助法」徹底活用

津久井進・出口俊一・永井幸寿・田中健一/著
兵庫県震災復興研究センター/編

品切れです
「災害救助法」徹底活用
  • ジャンル 社会・福祉

    判型 A4判・192ページ

    発行 2012年1月

    定価 本体2,000円+税

    ISBN978-4-86342-076-2 C0036

災害救助法を徹底的、最大限に活用して
災害に直面した人々のいのちと生活を守る!

大震災後、避難所の数すら把握できず、食事はおにぎりとパン、避難所の間仕切りがない、そして、震災関連死千人規模という事態に。兵庫県佐用町、紀伊半島台風の大水害、大震災の木造仮説住宅の導入など、災害救助法を徹底活用すれば被災者を救える。
[クリエイツ「震災復興・原発震災」シリーズ3]

PROFILE

津久井進

1969年名古屋市生まれ。神戸大学法学部卒。弁護士(兵庫県弁護士会) 。

出口俊一

1948年尼崎市生まれ。関西大学法学部法律学科卒。公立学校教員、立命館大学講師を経て現在、兵庫県震災復興研究センター事務局長、関西学院大学災害復興制度研究所研究員、阪南大学講師、神戸松蔭女子学院大学講師。

永井幸寿

1955年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒。弁護士(兵庫県弁護士会)。

田中健一

1959年大阪府生まれ。香川大学法学部法律学科卒。現在、神戸大学大学院工学研究科博士課程後期課程。

兵庫県震災復興研究センター

著者HP http://www.shinsaiken.jp/