新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2020.1.8-09:43 >> はねたま通信

おすすめの新刊

はびりすシリーズ第2弾『みんなでつなぐ読み書き支援プログラム−フローチャートで分析、子どもに応じたオーダーメイドの支援−』(井川典克/監修 高畑脩平・奥津光佳・萩原広道・特定非営利活動法人はびりす/編著 本体2200円)、1月末発売予定です。
第1弾の『凸凹子どもがメキメキ伸びるついでプログラム』も好評発売中。あわせてご覧ください。
2020.1.8-09:43
>> 2020.1.6-09:45 >> はねたま通信

あけましておめでとうこざいます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
お休みをいただいていた間の本のご注文は、6日発送いたします。
お待たせをいたしますが、少しお待ちください。
2020.1.6-09:45
>> 2019.12.27-09:06 >> はねたま通信

年末年始の営業のご案内

12月28日から1月5日までお休みをいただきます。
12月27日11時までのご注文については年内発送、
それ以降から1月5日までのご注文は、1月6日の発送とさせていただきます。
みなさまよい年をお迎えください。
2019.12.27-09:06
>> 2019.12.10-16:56 >> はねたま通信

感覚統合セミナーグループ選択について

第8回乳幼児期の感覚統合遊びセミナーは
午後からグループにわかれてのセッションとなります。
グループ1「ベーシック編」:入門編として、感覚の視点をもつ基本的な学びを行います
グループ2「アドバンス編」:ベーシック編での学びをステップアップする形での展開となる予定です
初めてのご参加の場合は、
「ベーシック編」の選択をおすすめしています。
続きを読む>>
2019.12.10-16:56
>> 2019.12.2-10:32 >> はねたま通信

感覚統合遊びセミナーお申込みはお早めに

「乳幼児期の感覚統合遊びセミナー
 保育者と作業療法士のコラボレーション」開催!
第8回目の今回は、1月18日(土)9時30分より、
奈良県社会福祉総合センターが会場となります。
詳細は右側のバナーからご覧ください。
いつもたくさんの方にご参加ただいています。
お申込はお早めにお願いいたします。
2019.12.2-10:32
>> 2019.10.25-09:27 >> はねたま通信

『ついでプログラム』ご予約について

お待たせしておりました、
『凸凹子どもがメキメキ伸びるついでプログラム』が完成いたしました。
予約くださったみなさま、ありがとうございます。
25日までに発送を完了いたしました。
2019.10.25-09:27
>> 2019.7.4-16:27 >> はねたま通信

8月の新刊

『文化に出会い、友だちに出会う 障害の重い子どもたちと創る授業・教育・学校』
羽田千恵子/著
羽田千恵子先生実践集編集委員会・白石恵理子・白石正久/編
A5判184頁 本体1800円+税

『自閉症児・発達障害児の教育目標・教育評価(1)子どもの「ねがい」と授業づくり』
『自閉症児・発達障害児の教育目標・教育評価(2)「行動障害」の共感的理解 と教育』

三木裕和、越野和之、障害児教育の教育目標・教育評価研究会/編著
A5判136頁 本体1400円+税
執筆者/岡野さえ子・篠詩織・石田誠・澤田淳太郎・小川真也・
    川地亜弥子・寺川志奈子・國本真吾・赤木和重・別府哲
    木澤愛子・吉岡智奈里・大島悦子・西堂直子・内藤綾子
2019.7.4-16:27
>> 2019.6.18-13:37 >> はねたま通信

7月の新刊

『知的障害の若者に大学教育を
 ——米・欧・豪・韓9か国20大学の海外視察から』
ゆたかカレッジ・長谷川正人[編著]
A5判196ページ 本体2000円+税
ISBN978-4-86342-262-9 C0037
ほとんどの青年が大学進学する時代、日本の知的障害者の高等教育は遅れている。
海外の実情視察から、日本の知的障害者高等教育のあり方を問う!
2019.6.18-13:37
>> 2019.5.28-10:49 >> はねたま通信

6月の新刊

『震災復興研究序説 復興の人権思想と実際』
出口俊一/著
A5判344頁 予価3200円+税
阪神・淡路大震災から四半世紀、防災・住宅・法学・人権などの視点で、これまでの復旧・復興のプロセスを記録。
続きを読む>>
2019.5.28-10:49
>> 2019.5.10-12:49 >> はねたま通信

5月の新刊

『若き医師たちのベトナム戦争とその後 戦後の礎を築いた人たち』
黒田学/編著・監訳
A5判・130頁
ISBN978-4-86342-259-9
ベトナム戦争終結から40年以上がたったいま、戦争の惨禍と平和な社会の構築を見つめ、国際社会の平和をどのように築き上げれば良いのかを改めて問う

259_9.jpg
2019.5.10-12:49

page top