CREATES KMOGAWA BOOKs
New Rerease 新しい本の紹介
〉子どもの発達・障害・療育 9月新刊

子どもの命を守るために

保育事故裁判から保育を問い直す

平沼博将繁松祐行ラッコランド京橋園乳児死亡事故裁判を支援する会編著

大阪の認可外保育施設、無資格の保育担当者2人と17人の子どもたちが過ごす部屋で起こった「うつぶせ寝」事故。
4か月の男の子が亡くなった。
裁判を通して明らかになった事実から、
保育士、研究者、弁護士らが多角的に保育の現状に迫り、
本来の「保育」とは何かを考える。

A5判 128頁/1,296円(税込)
〉難病・重症児者 8月新刊

障害の重い子どもの発達診断

基礎と応用

白石正久

「重症心身障害児」「重度・重複障害児」といわれる子どもたちを、行政施策上の概念であるその呼称ではなく、「障害の重い子ども」と表現する。
障害とたたかいつつ、人間的な発達要求をもち、他者とともに幸福に生きることを願う、主体的な存在として理解するために。

A5判 244頁/2,592円(税込)
〉教育・特別支援教育 8月新刊

自立と希望をともにつくる

特別支援学級・学校の集団づくり

湯浅恭正
小室友紀子
大和久勝編著

キャリヤ発達、自立をめざしたスキル形成に重点を置く実践が多い中で、人やモノに積極的に働きかけ、希望をもって生きる力を育てようとする、子どもたちの自立への願いを理解し、希望を紡ぐ集団づくりをどう進めるか、その実践的展望を考える。

A5判 160頁/1,944円(税込)
はねたまブログ
2016/9/14

出版記念セミナー! 乳幼児期の感覚統合遊び開催

photoわかりやすいと評判の「乳幼児期の感覚統合遊び」の出版記念セミナー受付開始です!
保育士と作業療法士のコラボが実現し、たちまち2刷りとなった書籍の講演会です。
みなさまこぞって、古都奈良へいらしてください。


日時:10月23日(水・祝) 10:00〜16:00
場所:奈良県社会福祉総合センター5階 研修室B・C
講師:高畑脩平
定員:100名
参加費:3000円
指定テキスト:乳幼児期の感覚統合遊び
〔申込専用サイト〕より申し込みお願いします。

>>全文を読む