CREATES KMOGAWA BOOKs
New Rerease 新しい本の紹介
〉子どもの発達・障害・療育

子どものかわいさに出あう

乳幼児期の発達基礎講座

近藤直子

発達を学ぶということは、子どもの思いやこころを理解する手がかりを得ることのはず。ところが発達を子どもの到達すべき目標のようにとらえて、子どもが「そうならない」と不安になったり焦ったりする保育者もいます。保育者も親も子どももしんどくなるような学びはやめたいですよね。子どものかわいさや健気さに共感する学びを!(はじめにより)

A5判 96頁/1,296円(税込)
〉認知症・高齢者関連

パーソンセンタードケアで考える認知症ケアの倫理

告知・財産・医療的ケア等への対応

ジュリアン・C・ヒューズ
クライヴ・ボールドウィン編著
寺田真理子

認知症の告知、成年後見、相続、胃ろうなどの医療的ケア…
服薬の拒否・人工栄養と生活の質・徘徊・攻撃・不適切な行動のコントロールの
難しい問題を豊富な事例から考える。

A5判 168頁/1,944円(税込)
〉難病・重症児者

行動障害が穏やかになる「心のケア」

障害の重い人、関わりの難しい人への実践

藤本真二

感覚過敏や強度のこだわり、感情のコントロール困難など、さまざまな生きづらさをかかえる方たちでも心を支えれば乗り越えて普通の生活ができる──

A5判 196頁/2,160円(税込)
はねたまブログ
2017/1/11

1月の新刊

『パーソンセンタードケアで考える認知症ケアの倫理
 ──告知・財産・医療的ケア等への対応』
 ジュリアン・C・ヒューズ クライブ・ボールドウィン/著
 寺田真理子/訳 七七舎/編集 1800円+税>>全文を読む