クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

青年・成人期の障害

障害のある若者と学ぶ「科学」「社会」

気候変動、感染症、豪雨災害

丸山啓史/編
國本真吾・澤田淳太郎・塩田奈津・村上穂高/執筆

障害のある若者と学ぶ「科学」「社会」

子どもから大人へ、学校から社会への移行期、
障害のある若者たちに、
授業を通して伝えたいこと、見せたい世界がある

学ばなくてもさしあたり支障がないことと思われがちな、現代的な課題に関わる「科学」「社会」の学習。
「わからないはず」「わかっているはず」と思い込まない授業づくりが、学びの楽しさ、大切さを創り出す。

CONTENTS

第1章   障害のある若者に「科学」「社会」の学びを(國本真吾)
第2章   社会をつくるのはあなたたち――理科・社会科での環境教育(塩田奈津)
第3章   生徒の知りたいを受けとめて――新型コロナウイルス感染症について知ろう(村上穂高)
第4章   ともに議論する仲間へ――雲作り実験からはじめる豪雨災害の学習(澤田淳太郎)
第5章   「知りたい」「学びたい」に応える――教育・学習のなかで大切にしたい視点(丸山啓史)

PROFILE

編者
丸山啓史  京都教育大学発達障害学科准教授

執筆者
國本真吾  鳥取短期大学教授
澤田淳太郎 鳥取県立白兎養護学校教諭
塩田奈津  京都府立与謝の海支援学校教諭
村上穂高  京都教育大学附属特別支援学校教諭