クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

青年・成人期の障害

知的障害のある人の青年期の教育権保障

教育と福祉「二つの専攻科」の比較から

辻 和美/著

知的障害のある人の青年期の教育権保障

「子どもから大人へ学校から社会への移行期に、
どんな学びを準備するのか

知的障害のある人の高等部以降の進路として、福祉事業所への就労や高等教育への進学以外の第三の選択肢“専攻科”。
学校専攻科と福祉事業型専攻科「二つの専攻科」の実践から、青年期のゆたかな学びを考察。制度面や教育カリキュラム・プログラムを比較し、知的障害のある人の青年期教育の課題とこれからを考える。

 

CONTENTS

序 章 
知的障害のある青年が学ぶ「専攻科」の成り立ちと現状
第1章
「教育年限延長」を担う学校専攻科と特別支援学校高等部の課題
第2章
青年期の教育権保障の多様性─教育年限延長と生涯学習支援
第3章
社会福祉制度による学校教育の補完─専攻科の二元的な形成
第4章
「二つの専攻科」の教育カリキュラム・プログラムの実態と課題
第5章
「二つの専攻科」の教育カリキュラム・プログラム検討の方向性
終 章
結論と今後の研究課題
補論
高等部を退学していく人たちに対する教育権保障の課題

PROFILE

学校法人 特別支援学校 聖母の家学園教諭。 全国専攻科(特別ニーズ教育)研究会副会長。日本福祉大学大学院福祉社会開発研究科博士課程にて博士号(社会福祉学)取得。