クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

私は私になっていく

認知症とダンスを 改訂新版

クリスティーン・ブライデン/著
馬籠久美子・桧垣陽子/訳

第3刷
私は私になっていく

認知症とともに生きる私の物語

『私は誰になっていくの?』を書いてから、クリスティーンは自分がなくなることへの恐怖と取り組み、自己を発見しようとする旅をしてきた。認知や感情がはがされていっても、彼女は本当の自分になっていく。

●改訂新版にあたり、翻訳を全面的に見直しました
①医学情報を最新に
②「精神性」→スピリチュアリティー
③多数使われている「痴呆」→「認知症」ほか

PROFILE

クリスティーン・ブライデン

旧姓・ボーデン。1949年イギリスに生まれる。1995年46歳でアルツハイマー病の診断を受ける。1996年オーストラリア政府の首相内閣省第一次官補を退職。1998年前頭側頭型認知症と再診断。1999年ポール・ブライデンと再婚、クリスティーン・ボーデンからブライデンに改姓。2000年認知症啓発支援ネットワーク(DASN)を結成(翌年、DASNIになる)。2003年市民グループの招きで発症後初来日し、岡山・松江で講演。その様子がNHK「クローズアップ現代」などで報道され、大きな話題となる。

馬籠久美子

1986年、津田塾大学英文科卒業。米国マサチューセッツ州スミスカレッジ・アメリカ研究プログラム修了。マサチューセッツ州立大学アムハースト校教育大学院教育修士号取得のち同博士課程に学ぶ。

桧垣陽子

1975年、岡山大学哲学科心理学専攻卒業。