クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

凸凹子どもがメキメキ伸びる
ついでプログラム

井川典克/監修
鹿野昭幸・野口翔・特定非営利活動法人 はびりす/編著

好評2刷
ついでプログラム

それって本当に「発達障がい」?

「ついで」と運動プログラムを融合した、どんなズボラさんでも成功する、家で保育園で簡単にできる習慣化メソッド!

児童精神科医×作業療法士×理学療法士が
タッグを組んだ最強の生活習慣プログラム32例

Step 0 ついでをきっかけに子どもが変わる
Step 1 発達障害の多くは生活習慣病だと思っています
Step 2 ついでにやろう! 生活習慣プログラム集
1)気持ちのコントロール
2) ボディイメージ
3) しなやか姿勢
4) ねばりづよい足と指
5) なめらか動作
Step 3 生活習慣プログラム集 オマケの解説
Step 4 3日坊主で終わらせない!
どんなズボラさんでも成功させる習慣化メソッド

 

特設HP    https://habilisevent.wixsite.com/event/blank

PROFILE

井川典克

いかわクリニック 院長(医師)

鹿野昭幸

特定非営利活動法人はびりす 副代表(理学療法士)

母の事故をきっかけに理学療法士の道に進む。
国保関ヶ原病院リハビリテーション科に十数年勤務し、子どもから高齢者まで幅広く関わってきた。その後、当時の仲間と特定非営利活動法人はびりすを設立。
運動が苦手な子どもやご家族も「オシャレで楽しく健康に」を目的に、「下駄」の普及に努めている。
自身も二児の父。子どもたちに背中で語れるよう、昔行っていた陸上を再開。マスターズ陸上に毎年出場することを目標に、日々走り続けている。

野口翔

特定非営利活動法人はびりす(作業療法士)

アラフォー。もうすぐ3児の父となる作業療法士。
岐阜県立希望が丘学園訓練指導課、岐阜赤十字病院リハビリテーション科を経て現在、特定非営利活動法人はびりすに在籍。
ヨガインストラクター(RYT200)の資格取得のためヨガスクールに通学中。
最近の趣味は休日にスーパーで買い物をし料理を作ること。
自分の作った料理を息子達がもりもり食べてくれたときは、この上ない幸せ。

特定非営利活動法人 はびりす

〒503-0936 岐阜県大垣市内原一丁目168番地1
Tel. 0584-84-3800 Fax. 0584-84-3801