クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

乳幼児期の
感覚統合遊び

保育士と作業療法士のコラボレーション

加藤寿宏/監修
高畑脩平・田中佳子・大久保めぐみ/編著

7刷
感覚統合遊び

画期的な保育士と作業療法士のコラボ

「ボール遊び禁止」「木登り禁止」など遊び環境の変化で、身体を使った遊びの機会が少なくなったなか、保育士と作業療法士の感覚統合遊びで、子どもたちに育んでほしい力をつける。

・感覚統合の発達をわかりやすく解説
・子どもの発達を促す感覚遊びに納得
・0〜5歳年齢ごとの遊び29例
・乳幼児期の感覚統合遊びを写真を交えて紹介
・園の遊具や備品、周りの物品ですぐに取り組める

CONTENTS

1 感覚統合とは?
2 感覚統合の発達
・姿勢
・眼球運動
・身体図式
・運動企画
・巧緻動作
・ことば
3 保育活動─乳幼児期の感覚統合あそび
・0歳児クラスの遊び:サーキット遊び、ポットン落とし
・1歳児クラスの遊び:ウレタン積み木、斜面登り
・2歳児クラスの遊び:新聞紙で遊ぼう、シーツブランコ
・3歳児クラスの遊び:バルーン遊び、飛び石わたり
・4歳児クラスの遊び:空手のまねっこ、芝滑り
・5歳児クラスの遊び:雑巾作り、カラーコーン倒し etc

PROFILE

加藤寿宏

京都大学大学院医学研究科 准教授

高畑脩平

白鳳短期大学総合人間科学科リハビリテーション学専攻講師、2020年から藍野大学助教(作業療法士)

田中佳子

愛の園保育園 特別支援教育士

大久保めぐみ

愛の園保育園 園長