クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

特別支援教育

エンジョイ!
ファシリテーション・ボール・メソッド

FBM研究会/編

ファシリテーション・ボール・メソッド

空気の量を調節したやわらかいボールを使って、
リラックス&姿勢や動きづくりを楽しく学ぼう!

動きがぎこちない、座った姿勢が崩れやすい、運動が苦手といった発達に課題のある子どもたちに、FBの自在性・弾力性を活かして、心身のリラクセーションとバランスや姿勢保持などの運動機能向上をはかるFBM。
まずは1人で自分のからだを感じるところからはじめましょう。次に、ペアで、グループで取り組むことで、コミュニケーションの力を育まれます。
障害の有無、重度軽度、年齢や性別に関係なく、からだづくりに活用できるボディワークがたっぷり。

●本に出てくる動きを動画で紹介。読んで、見て、やってみよう!

「できた」「気持ちよかった」を子どもが体感できる指導者と子どもをつなぐFB
子どもの成長や身体への気づきを引き出していくFBM
「空気を抜いたボールで乗ってリラックス!」「身体をしっかり支えて踏ん張るぞ!」様々な感覚入力をうまくまとめて、
心身のリラクセーション、感覚運動機能の向上、対人関係の改善を図っていくFBM
動き回る子、動きのぎこちない子、触られるのがイヤな子など「困っている子ども」に実践できる教育的アプローチです。
乳幼児期から思春期の子どもへの体づくり、発達支援、成長支援に活用できるFBMのノウハウを紹介しています。
(関西国際大学教育学部教育福祉学科教授 中尾繁樹)

PROFILE

FBM研究会では、①FBMインストラクター養成講座 ②ボール (FB) の紹介 販売 ③書籍作成·販売 ④各地の訓練会の支援・指導  ⑤講師派遣 研修会企画などの活動を行っています。FBM研究会のメンバーは、 特別支援学校教員を中心に療育関係者、 医療、 福祉施設職員等で構成され、心身に障がいのある子どもたちとのFBMの実践研究を進めています。

[執筆者]
大島 昇・河野健三・中尾茂樹・天野ちさと・奥井光司・伊藤静香・東 耕平・丹羽史和
[イラスト]
林やよい