クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

発達のひかりは時代に充ちたか?

療育記録映画『夜明け前の子どもたち』から学ぶ

田村和宏・玉村公二彦・中村隆一/編著

発達のひかりは時代に充ちたか?

『夜明け前の子どもたち』再び

半世紀前『この子らを世の光りに』の糸賀一雄、田中昌人らがつくった
「療育記録映画」を現代的視点で問い直す。
その時代に誕生した「発達保障」のいま、福祉の市場化や教育統制の強まりの中で、もう一度、生の営みを見直すきっかけを。
コラム/白石正久・木下孝司・西垣順子・河合隆平

PROFILE

田村和宏

1962年生まれ。
大学のゼミ・サークルなどで障害者福祉や人間発達の科学にふれ、障害者福祉の世界へ。卒業後、社会福祉法人びわこ学園に就職し重症児施設指導員、通所施設支援員、相談支援、びわこ学園障害者支援センター所長などに従事する。
2015年、立命館大学産業社会学部に着任、准教授。障害者福祉論を講義。

玉村公二彦

1956年生まれ。
1988年、奈良教育大学に赴任、奈良教育大学教授。2019年4月から京都女子大学発達教育学部教授。

中村隆一

1954年生まれ。
1977年、大学卒業後。大津市役所で乳幼児の発達相談に携わる。
2006年、大津市役所を退職。退職後、大津市立知的障害児者地域生活支援センターで主として成人期の発達相談を担当。同時に、立命館大学応用人間科学研究科教授。