クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

手話でつながる世界のあいさつ

一般社団法人全国手話通訳問題研究会/編
見杉宗則/絵

好評!
手話でつながる世界のあいさつ
  • ジャンル 手 話

    判型 B5判横型・24ページ

    発行 2020年6月

    定価 本体1,600円+税

    ISBN978-4-86342-291-9 C8737

手話って世界で違うの?

人と人のつながりのスタート「あいさつ」を25か国から集めました。国によってことばが違うように、手話も違います。
さまざまな国の「あいさつ」を覚えて手話で世界のともだちを広げよう。

好評いただいた『ゆびもじえほん』(2018.9発行)に続く手話絵本第2弾。手話の入り口としてゆびもじを紹介した前作から発展させ、人と人をつなぐ「あいさつ」にスポットをあてました。世界で手話は違うの?という、著者に寄せられる質問を組み合わせて、世界中の子どもたちが日本に遊びに来て1日を過ごすという展開で、世界のあいさつを紹介していきます。

この本に登場する国
アメリカ、イギリス、イラン、インド、インドネシア、
オーストラリア、オランダ、カナダ、ケニヤ、サウジアラビア、
スイス、ナイジェリア、ニュージーランド、ネパール、パキスタン、
フィジー、ブラジル、フランス、ペルー、ベルギー、メキシコ
リトアニア、ロシア、韓国、日本

本文総ルビ、お家、保育園、学校、学童保育などで子どもと一緒に楽しめます。

PROFILE

一般社団法人全国手話通訳問題研究会

創立1974 年。聴覚障害者福祉と手話通訳者の社会的地位の向上をめざして、手話や手話通訳、聴覚障害者問題についての研究・運動を行う全国組織。全国47 都道府県すべてに支部を置き、1 万人以上の会員が聴覚障害者団体とともに地域の福祉向上のための活動や学習を行っている。また、機関誌「手話通訳問題研究」の発行、研究図書などの出版を行っている。会員は手話通訳を職業とする人から、手話を学ぶ人まで幅広くいる。

見杉宗則

日本児童出版美術家連盟会員
1992年、大阪芸術大学芸術学部美術学科卒業
2001年、デザイン事務所を経てフリーランスのイラストレーターとして活動。
主なお仕事は教科書、幼児向け雑誌、絵本など。