クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

団地と暮らし

UR住宅のデザイン文化を創る

増永理彦著

団地と暮らし

「UR住宅デザイン文化」に注目!

URデザインチームの住宅・団地のデザインと、そこに住む人たちの暮らしが重なりあってうまれた「UR住宅デザイン文化」に注目!
60年間のUR賃貸住宅デザインプロセスの意義・役割と、居住者の「安全・安心・快適」な暮らし・コミュニティの実現をめざしてきた活動を振り返ってみよう。
「UR住宅再生デザイン文化」をどう創っていくべきか、UR民営化が進展するなか、その方向が見えてくる……
コラムでは、UR居住歴のある8人が、UR団地での暮らしを個性的に活写!

[もくじ]
part 1 UR住宅のデザイン文化
chapter1 UR住宅60年の意義と限界
chapter 2 UR住宅と暮らしの革新
chapter 3 UR住宅のデザイン文化
part 2 UR住宅デザイン文化60年のストック
chapter 4 団地空間デザインと文化
chapter 5 多様な住戸・住棟のデザインと暮らし
chapter 6 水まわりのデザインと暮らしの革新
part 3 UR住宅再生デザイン文化
chapter 7 URの団地再生動向
chapter 8 UR住宅再生デザイン文化構築へ

PROFILE

増永理彦

神戸松蔭女子学院大学人間科学部ファッション・ハウジングデザイン学科教授