クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

若年性認知症を
笑顔で生きる 笑顔で寄り添う

松本恭子・田中聡子/編著

笑顔で生きる 笑顔で寄り添う

とうさんはなぜすぐに退職しなければならなかったのか

若年性認知症になっても、本人や家族がその後の人生を主体的に生きるために、どのような支援が必要なのか。治療と就労を可能にする“両立支援”と、家族と本人を支援し、主治医や職場、本人の望む居場所を調整する“若年性認知症支援コーディネーター”の役割をていねいにたどる。

CONTENTS

1 もの忘れに気づいてから若年性認知症を受け止めるまで
2 退職後の新たな役割
  ─若年性認知症を知ってもらう
3 対談・若年性認知症の家族の思い
  ─人生、生き生きと暮らせることを伝えたい
4 若年性認知症の診断から始まる家族の不安と職場の理解
5 活躍できる「居場所」は当事者がつくる
6 若年性認知症に寄り添う支援

PROFILE

松本恭子

1956年鳥取県生まれ。大学卒業後、同県で教諭となる。結婚後広島県に移住。教員採用試験を受け直し、定年退職(教頭)まで教員を続ける。退職後、看護学校に入学。「夜の認知症カフェ」活動に参加。ガンでの闘病の末、64歳で永眠。

田中聡子

県立広島大学保健福祉学部 人間福祉学科教授。