クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

認知症の医療とケア

「もの忘れクリニック」「もの忘れカフェ」の挑戦

藤本直規/著

4刷
認知症の医療とケア

「認知症になったことはあきらめるが、
これからの人生はあきらめない」

滋賀県立成人病センターで日本初ともいえる「もの忘れチェック外来」を開設した著者が、独立後に開設した「藤本クリニック」の10年のあゆみ、活動から見えてくるこれからの「認知症医療」と「ケア」に迫る。

PROFILE

藤本直規

医療法人藤本クリニック理事長・院長。医師、医学博士。日本認知症学会専門医、日本神経学会認定専門医、日本老年医学会老年病専門医。1952年岡山県生まれ。1978年京都大学医学部卒業。1990年に県立病院にもの忘れ外来を開設し、10年間チーム医療を行った。1999年4月にもの忘れクリニック(医療法人藤本クリニック)を開院し、スタッフとともに外来診療、往診、心理教育、相談・指導活動、地域連携、行政へのアドバイザーなどを行っている。