クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

社会・福祉

災害時の学童保育のブリコラージュ

「まびひょっこりクラブ」がつなぐ未来へのバトン

鈴木 瞬・糸山智栄・若井 暁/編著

災害時の学童保育のブリコラージュ
  • ジャンル 社会・福祉

    判型 A5判・210ページ

    発行 2024年6月

    定価 2,200円(税込)

    ISBN978-4-86342-371-8 C0037

地震・災害が頻発する日本列島。

災害など想定を超えた事態での即応的対応力!

豪雨災害からわずか数日後に開設された学童保育実践から、危機対応学の概念をもとに、想定を超えた事態が生じた際の即応的対応として、あり合わせのものや偶然すらも活かしていく「ブリコラージュ」の発想をもとにを考える。
能登半島地震で現在進行形の行動や思いを支えているのは、間違いなく「まびひょっこりクラブ」の実践である。

*6月4日からの発送となります。ご了承ください。

CONTENTS

第1章 豪雨災害時の学童保育のリアル
被害状況と危機対応/「安心できる居場所」/近隣の学童保育

第2章 みんなの想いでつないだ緊急時の学童保育実践
【はじめる】子どもたちを受け入れる/温かい食事を子どもたちに/救ってくれたのは地域/子どもや保護者の声を届ける
【かかわる】専任指導員のかかわり/大学教員と学生ボランティア/「まびひょっこりクラブ」の終わり
【つなげる】 「いのりんジャパン」つながる支援/ 「がくまび」として引き継ぐ/「まびひょっこりクラブ」の役割とは?

第3章 災害時の学童保育をブリコラージュする
災害時の学童保育支援/ 「応急対応期」から「復旧期」の支援/災害時の支援を読み解く「ブリコラージュ」/エンジニアリングとブリコラージュ/ブリコラージュ的対応3つの特徴と促進するステップ/ 「日頃の準備を怠らない」

第4章 災害時の子どもへの心理支援
災害発生時の子どもの心のケア/ 災害トラウマのメカニズム/災害後の心のケア

第5章 被災の経験をどのようにしてつないでいくか
災害時の「記録」/安全対策・危機管理の落とし穴/弱い「事後・振り返り」/ 〈災間〉の思考に基づく安全対策・危機管理/「存在としての記憶」を継承

【コラム】各地の被災地の経験から 震災、水害の熊本県から/SNSを通じた支援の輪/名古屋からの支援/ボランティア経験から教員に/全国の学童保育連携の強み=佐賀県豪雨災害対応/災害時の子ども支援マニュアル/福島県南相馬市の外部支援

PROFILE

鈴木 瞬
金沢大学人間社会研究域学校教育系准教授

糸山 智栄
岡山県学童保育連絡協議会会長。株式会社えくぼ代表取締役。介護福祉士。

若井 暁(ワカイ アキラ)
NPO法人くらしき放課後児童クラブ支援センター統括責任者。岡山県学童保育連絡協議会事務局次長。放課後児童支援員。介護福祉士。