クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

発達研究の旅

エール大学での研究生活と教育実践への示唆

田中道治/著

発達研究の旅
  • ジャンル 教 育

    判型 A5判・160ページ

    発行 2015年7月

    定価 本体1,800円+税

    ISBN978-4-86342-168-4 C0037

教育は子どもの主体性が土台

子どもの発達を促す教育指導のあり方を探ることを目標として、アメリカ・エール大学のジグラーらとの交流と発達研究の体系から教育実践への示唆を明らかにする。

もくじ
第1部 エール大学留学と研究交流
発達研究の動機/エール大学の歴史/アメリカ心理学会/
研究のはじまり/心理実験が始まる/エルウィン施設と内村鑑三/
ポス・ドク研究会/エドワード・ジグラーとヘッド・スタート/
一人ひとりの「差異」を認め、生かす教育/心理学科の教育と研究/
心理実験のデータ処理と論文作成/通信「エール大学と心理学」/
日本人とアメリカ人
第2部 発達研究と教育実践への示唆
1 なぜもてる能力を十分活用できないのか
2 発達─差異論争と動機づけの問題
知能と二群アプローチ/ジグラーらの発達論的立場/
学習に及ぼす動機づけ要因
3 教育実践への示唆
成功経験と教師による賞賛/成功経験による学習方略の活用/
教授行動の工夫

PROFILE

田中道治