クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

発達障害

母ちゃん☆センセ、笑ってなんぼ

発達障害のある子どもと創る希望ある生活

山口歩 杉本温子 玉村公二彦/著

母ちゃん☆センセ、笑ってなんぼ
  • ジャンル 発達障害

    判型 四六判・192ページ

    発行 2024年9月

    定価 1,870円(税込)

    ISBN978-4-86342-373-2 C0037

笑顔って、内面からわき起こってくるような、
よろこびや楽しみ、達成感が表れたもの

パワフルで細やかな母ちゃん、厳格であたたかい特別支援学級教師、破天荒でやさしい大学教授が
その選択は誰のために?何のために?と問いながら、障害のある子どもたちと創り出してきた、
穏やかな生活と教育。
各章のキーワードは「笑顔」。どこでも使われていて、気にとめない言葉だけど、
あらためてその深さを感じます。

「てとてをあわせて で・あいのある世界展」の取り組み、授業づくりの工夫や支援のヒントもいっぱい。

オビは越野和之先生(奈良教育大学/全障研全国委員長)です!

※8月3日発売! 2日までは予約となります。5日より発送いたします。

CONTENTS

プロローグ 「かくしてハシゴは外された」

第1章
笑顔を育てる子育て
「かわいそう」を「おもしろそう」に(山口 歩)

 一人でいるのが好きな子?
診断を受ける前のはなし
自閉症、100点満点!
ブルーテントのはっちゃん
ガオーのおばちゃん
自閉症が二人でジーショック
入学準備は一大事
謝ってばかりいることを叱られる
おおぜいの人がいる学校で
かわいそうとおもしろそう
回転寿司に行ってみた
ユウはシンデレラ
好きな場所、好きなことを探して

第2章 笑顔が増える支援を! 子どもたちのスペシャルな経験と学習

1 特別支援学級での子どもたちの活動を豊かに(杉本温子)
2 子どもたちにスペシャルな時間と内容を(玉村公二彦)

第3章 であいの中で、笑顔を広げる
「障害のある子どもの笑顔展」から「で・あいのある世界展」へ(玉村公二彦)

エピローグ、そして続くのだ!

PROFILE

山口歩(やまぐちあゆみ)
「こみゅ」主宰、ペアレントメンター、「もしも願いが叶うなら」で第53回NHK障害福祉賞最優秀賞受賞(2018年)
オチのあるエピソードトークでみんなを魅了し、障害理解の輪を広げている。友達の友達はみな友達と、いろんな人を巻き込むことを得意技とし、巻き込まれた人たちからは「組長」と呼ばれる愉快な母ちゃん。

杉本温子(すぎもとあつこ)
元奈良県公立学校教員、障害児者・団体のアドバイザー(2022年没)
絵本、紙芝居、南京玉ずだれ、なんでもこいの芸達者。好奇心旺盛でアイデアの宝庫。いつもその宝箱にいれるおもしろいものを探している。びっくりさせるのが大好きだけど、びっくりさせられるもの嫌いじゃない! クールに見えて根は情熱家なセンセ。

玉村公二彦(たまむらくにひこ)
京都女子大学教員、奈良教育大学名誉教授
「何でも屋」だけど、講義や講演は嫌い。おしゃべりは好きだけど、オチはない。思いつきで無茶ぶりをして、デリカシーがないといつもだれかれに叱られている。困っている人、悩んでいる人を放っておけない人情派のセンセ。