クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

発達障害のバリアを超えて

新たなとらえ方への挑戦

漆葉成彦・近藤真理子・藤本文朗/編著

発達障害のバリアを超えて

本人と親、教育、就労支援、医療、研究者と
多角的な立場の視点で課題の内実を問う。

マスコミや街の中であふれる「発達障害」「かくあるべき」正解を求められるあまり、生きづらくなっている人たちの「ほんとのところ」に迫る!
「できる・できない」で評価するバリアに立ち向かう思いを明らかにし、ライフステージを支えあい、だれもが人として尊重される社会へ──

CONTENTS

第1部 発達障害? ほんとのところを聞いてみる──本人・家族の声
01 本人・親、一人ひとりの声から問う
02 はじまりは小2の春の突然の出来事
03 「生きづらさ」って何だろう
第2部 発達障害の新しい見方──保育・学校・就労現場から
01 保育現場から──要支援児の受け入れの中で
02 子どもの願いの実現は“つながり”をつむぐ中で
03 子どもが安心して通える中学校にするために
04 サポート校で伸びている子どもたち
05 大学で学ぶ発達障害の学生たち
06 発達障害をもつ人への就労支援について
──就労継続支援事業所の取り組み
07 就労移行支援事業所とその取り組み
08 司法と発達障害者
第3部 研究者からの提起
01 発達障害は、いつから、どのように問題になってきたか
02 障害のある子どもの家族支援
03 大学での合理的配慮の提供と「個の尊重」
04 発達障害とトラウマ
05 発達障害の臨床

PROFILE

漆葉成彦

1958年京都府生まれ。精神科医師。佛教大学保健医療技術学部教授。

近藤真理子

1969年大阪府生まれ。奈良教育大学大学院修了。編著書に『子どものあそびをキャッチ』双葉社、2009年、『ぼくだちわたしたち福祉探偵団』山学出版、2003年ほか。

藤本文朗

滋賀大学名誉教授。博士(教育学)。全国障害者問題研究会顧問。日本特殊教育学会名誉会員。