クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

働くこととリカバリー

IPSハンドブック

中原さとみ・飯野雄治/編著

品切れです
働くこととリカバリー
  • ジャンル 青年・成人期の障害

    判型 B5判・177ページ

    発行 2010年9月

    定価 本体2,200円+税

    ISBN978-4-86342-052-6 C0036

自分の一番のサポーターは自分自身だ!

精神疾患があっても「働きたい!」「社会で役割を持ちたい!」

CHAPTER1:働くこととリカバリー
CHAPTER2:IPSを理解するために
CHAPTER3:社会とのパイプ役
CHAPTER4:補論・資料

PROFILE

中原さとみ

精神保健福祉士、第1号職場適応援助者、IPS‐Tokyo事務局長、リカバリーキャラバン隊事務局長。2001年、桜ヶ丘記念病院入職。2004年より就労支援プログラムを立ち上げ、IPSを導入。計画・実地・評価を繰り返し支援の方法を変化させてきた。2007年アメリカ・ハワードセンターにてIPSを体験 。

飯野雄治

第1号職場適応援助者、福祉住環境コーディネーター1級。IPS‐Tokyo、リカバリーキャラバン隊、稲城市職員。小学6年時に工藤順一(現、国語専科教室主宰)に師事。開成学園社会科研究部、筑波大学生物資源学類(生物応用化学)、北海道大学文学部(哲学・倫理学)、稲城市子育て支援課、厚生労働省老健局、稲城市障害福祉課を経て稲城市子ども家庭支援センター主任。