クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

認知症・高齢者

パーソンセンタードケアで考える認知症ケアの倫理

告知・財産・医療的ケア等への対応

ジュリアン・C・ヒューズ
クライヴ・ボールドウィン/編著
寺田真理子/訳

パーソンセンタードケアで考える認知症ケアの倫理

ケアを見直すことで生活の質が改善され、
認知症がある人により良い対応ができる

認知症の告知、成年後見、相続、胃ろうなどの医療的ケア…
服薬の拒否・人工栄養と生活の質・徘徊・攻撃・不適切な行動のコントロールの難しい問題を豊富な事例から考える。

CONTENTS

1.道徳的判断をする
結果尊重主義、義務論から原則、良心まで
2.正直であること
関係性、共感的理解コミュニケーション
3.治療に関わる
4.安全を守る
5.問題は質だが、どのように判断するのか
6.実際に判断をする

PROFILE

ジュリアン・C・ヒューズ

ブリストル大学老年精神科高齢者ケア研究所教授。

クライヴ・ボールドウィン

カナダ研究所ナラティヴ研究専門研究員。

寺田真理子

日本読書療育法学会会長、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。