クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

認知症・高齢者

杉山孝博Dr.の
「認知症の理解と援助」

杉山孝博/著

「認知症の理解と援助」

認知症の知識から対応の仕方、
最近の動きまでトータルに理解できる!

「認知症をよく理解するための8大法則・1原則」「家族のたどる四つの心理的ステップ」など、家族から学び、家族に教える熱血医師の講演録で、誰にでもわかりやすい!

PROFILE

杉山孝博

川崎幸クリニック院長。1947年愛知県生まれ。東京大学医学部附属病院で内科研修後、地域の第一線病院で患者・家族とともにつくる地域医療に取り組もうと考えて、1975年川崎幸病院に内科医として勤務。以来、内科の診療と、在宅医療に取り組んできた。1987年より川崎幸病院副院長に就任。1998年9月川崎幸病院の外来部門を独立させて川崎幸クリニックが設立され院長に就任し、現在に至る。現在訪問対象の患者は約110名。1981年から、社団法人認知症の人と家族の会(旧呆け老人をかかえる家族の会)の活動に参加。全国本部の副代表理事、神奈川県支部代表。NPO法人全国認知症グループホーム協会理事。横浜の2つの福祉保健センターの老人精神保健相談医として認知症相談を担当している。