クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

.$category_name.

よくわかる子どものリハビリテーション

栗原まな著

よくわかる子どものリハビリテーション

子どものリハビリテーション基礎知識の入門書

子どものリハビリテーションの中心は、生まれつきの障害が多いですが、後天性の障害もあります。
リハビリを必要とする子どもの家族、施設や学校関係者などの支える人たちへ、検査方法やどんなスタッフがどのように関わるか、疾患別にみたリハビリテーションなど、基礎的な知識をやさしく解説。イラスト・写真も豊富。

[もくじ]第1章 子どものリハビリテーションとは?
・リハビリテーションの基本
①日常生活動作(ADL)
②徒手筋力テスト(MMT)
③関節可動域(ROM)
④発達検査
⑤知能検査
⑥言語検査
・スタッフの役割 理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/臨床心理士/
医療ソーシャルワーカー/教師/看護師
第2章 正常な子どもの発達
第3章 疾患別のリハビリテーション
①脳性麻痺 ②神経発達障害 ③二分脊椎 ④筋疾患
⑤整形外科疾患 ⑥急性脳炎・脳症 ⑦低酸素性脳症 ⑧脳外傷 ⑨脳血管障害
第4章 福祉機器

PROFILE

栗原まな

神奈川県総合リハビリテーションセンター小児科部長。1977年千葉大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学、都立北療育園、神奈川県立こども医療センター、英国ハマースミス病院などを経て、1989年より現職。