クリエイツかもがわ│京都で感覚統合・発達障害、認知症介護や医療的ケアなど福祉分野の出版。グラフィックデザイン・イベント運営をしている出版社です。

難病・重症児者

重症児者の防災ハンドブック増補版

3.11を生きぬいた重い障がいのある子どもたち

田中総一郎・菅井裕行・武山裕一/編著

品切
重症児者の防災ハンドブック増補版
  • ジャンル 難病・重症児者

    判型 A5判・240ページ

    発行 2015年2月

    定価 2,420円(税込)

    ISBN978-4-86342-082-3 C0036

悲しみを越えて、
小さな希望の種をまきましょう

人工呼吸器やたんの吸引など「医療的ケア」が、常時、必要な重い障がいをもつ子ども・人たちが、3.11をどう生きのびたか、支援の記録と教訓からの災害時の備え、防災マニュアル。
必要な機器の写真・リスト付き

■CONTENTS
プロローグ   悲しみを越えて小さな希望の種をまきましょう
第1部 障がいの重い人たちへの支援 1 医療・生活の両面からの支援 2 拓桃医療療育センターの経験
3 被災地の中の支援学校
4 当事者による支援活動
5 重い障害のある人たちへの支援第2部 重症児者の防災マニュアル──災害への備え 1 災害時の医療機器と電源の確保
2 家庭における災害時への備え
3 HELPカード──災害時のサポートカード 4 ボランティアスタッフのコーディネーション
5 普段から大切にしておきたいつながりと備え
──福祉目線で見直すべき「防災マニュアル」

PROFILE

田中総一郎

宮城県拓桃医療教育センター/地域・家族支援部/小児科医療部長

菅井裕行

宮城教育大学教育学部/特別支援教育講座/教授。学生時代に重症児と出会って以来、コミュニケーションの問題を研究テーマに重症児や盲ろう児の教育相談活動にかかわる。

武山裕一

株式会社アライブ代表。日本メガケア仙台営業所でNICU・小児科領域での在宅医療に携わる。2012年、独立してアライブを設立。