新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2016.4.25-16:19 >> はねたま通信

大災害の備えと復興を考える

「震災復興・原発震災」シリーズ全7巻
阪神・淡路大震災、東日本大震災の教訓から、大災害への備え、復興について提起。

『発達障害児の防災ハンドブック』
『重症児の防災ハンドブック』

災害時、障害のある人、子どもたちはどう過ごしたか、どんな備えが必要か。
sinsai2.jpg
1『東日本大震災 復興への道―神戸からの提言』
2011・10発行 A5判184頁 本体価格1,800円
東北地方太平洋沖地震の特徴とその教訓、住宅復興とまちづくり、
フクシマ事故、迫られる安全体制の根本転換。
福島県、宮城県女川町、宮城県亘理町、岩手県陸前高田市からのリポート。
-----------------------------------------------------
2『ワンパック専門家相談隊、東日本被災地を行く―士業・学者による復興支援の手引き』
2011・10発行 A5判96頁 本体価格1,000円
弁護士、建築士、税理士などの士業と学者で、まちづくりを支援する専門家ネットワークをつくる。
-----------------------------------------------------
3『「災害救助法」徹底活用』
2012・1発行 A5判 192頁本体価格2,000円
災害救助法を徹底的、最大限に活用するには。災害救助法とはなにか、その仕組み、種類。
-----------------------------------------------------
4『東日本大震災 復興の正義と倫理―検証と提言50』
2012・12発行 A5判240頁 本体価格2,200円
-----------------------------------------------------
5『士業・専門家の災害復興支援
 ―1・17の経験、3・11の取り組み、南海等への備え』

2014・1発行 A5判240頁 本体価格2,200円
被災地へ向かったのは、弁護士、司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、建築士、技術士。多様な士業・専門家の被災地再生への取り組み。
-----------------------------------------------------
6『大震災20年と復興災害』
2015・1発行 A5判240頁 本体価格2,200円
阪神・淡路大震災から20年。公営住宅、空港、障害者、孤独死、支援制度などから復興を検証し、災害多発社会への備えを提起。
-----------------------------------------------------
7『巨大災害と医療・社会保障を考える
 ―阪神・淡路大震災、東日本大震災、津波、原発震災の経験から』

2015・6発行 A5判160頁フルカラー 本体価格1,800円
大震災、津波、原発震災の経験と記憶を語り継ぐ。被災の経験を無にせず、安全で安心な暮らし、国づくりのために。[特別対談]小出裕章×鎌仲ひとみ
-----------------------------------------------------
『重症児者の防災ハンドブック 増補版
 ―3.11を生きぬいた重い障がいのある子どもたち』

田中総一郎ほか編著
2015・3発行 A5判240頁 本体価格2,200円
必要な重い障がいをもつ子ども・人たちが、3.11をどう生きのびたか、支援の記録と教訓からの災害時の備え、防災マニュアル。
-----------------------------------------------------
『発達障害児者の防災ハンドブック―いのちと生活を守る避難所を』
新井英靖ほか編著
2012・4発行 A5判160頁 本体価格2,200円
発達障害児者と家族の避難状況、生の声、実態調査から見えてきた教訓と福祉避難所のあり方、運営を提言。
2016.4.25-16:19

page top