新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2016.4.24-19:06 >> はねたま通信

6月の新刊

よくわかる子どものリハビリテーション
 栗原まな/著
 A5判96頁 本体1400円+税
 ISBN978-4-86342-189-9 C0036

子どものリハビリテーションの中心は、生まれつきの障害が多いですが、後天性の障害もあります。
リハビリを必要とする子どもの家族、施設や学校関係者などの支える人たちへ、検査方法やどんなスタッフがどのように関わるか、疾患別にみたリハビリテーションなど、基礎的な知識をやさしく解説。
イラスト・写真を豊富に配置した子どものリハビリテーションの入門書です。

189_9.jpg
[もくじ]
第1章 子どものリハビリテーションとは?
 リハビリテーションの基本
  ①日常生活動作(ADL)
  ②徒手筋力テスト(MMT)
  ③関節可動域(ROM)
  ④発達検査
  ⑤知能検査
  ⑥言語検査
 スタッフの役割
  理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/臨床心理士/
  医療ソーシャルワーカー/教師/看護師
第2章 正常な子どもの発達
第3章 疾患別のリハビリテーション
  ①脳性麻痺 ②神経発達障害 ③二分脊椎 ④筋疾患
  ⑤整形外科疾患 ⑥急性脳炎・脳症 
  ⑦低酸素性脳症 ⑧脳外傷 ⑨脳血管障害
第4章 福祉機器

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

乳幼児期の感覚統合遊び
 保育士と作業療法士のコラボレーション

 加藤寿宏/監修 高畑脩平・田中佳子・大久保めぐみ/編著
 B5判112頁予定フルカラー 予価1500円+税
 ISBN978-4-86342-188-2 C0037

●感覚統合の発達をわかりやすく解説
●乳幼児期の感覚統合遊びを写真を交えて紹介
●子どもの発達を促す感覚遊びに納得
●画期的な保育士と作業療法士のコラボ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

介護オンブズマンがまとめた
これ1冊でわかる特別養護老人ホーム

特定非営利活動法人 介護保険市民オンブズマン機構大阪/編著
B5判・92頁 総カラー 本体1500円+税
ISBN978-4-86342-190-5 C0036

「告発型ではなく橋渡し役」を基本スタンスにする市民オンブズマンが、
15年の活動の中でまとめた特養利用のガイドブック、
「介護を受けながら施設で暮らす」ことを考える1冊!

[もくじ]
第1章 特養の基礎知識
 ①「施設で暮らす」ということ ②特養の特徴③特養に入るには
 ④特養の種類 ⑤特養で働く人びと ⑥利用料金
第2章 特養の生活と介護
 ①1日の流れ ②食事 ③入浴 ④排泄
 ⑤楽しみ ⑥外出 ⑦医療・治療 ⑧リハビリ
 ⑨車椅子 ⑩居室・共用スペース 
 ⑪リスクマネジメント・苦情相談
第3章 特養利用の留意点と課題
 ①施設見学のポイント ②利用する側に求められること
 ③特養の課題
2016.4.24-19:06

page top