BOOK REVUE

子どもの発達・障害・療育

〉NPO法人はびりす 事前予約開始!
10月下旬より随時発送します。
事前予約開始!

凸凹子どもがメキメキ伸びるついでプログラム

井川典克監修
鹿野昭幸野口翔特定非営利活動法人 はびりす編著/

それって本当に「発達障がい」?
「ついで」と運動プログラムを融合した、どんなズボラさんでも成功する、家で保育園で簡単にできる習慣化メソッド!

A5判 152頁/1,980円(税込)
〉学童保育指導員と作業療法士のコラボ

学童期の感覚統合遊び

学童保育と作業療法士のコラボレーション

太田篤志監修
森川芳彦豊島真弓松村エリ角野いずみ鍋倉功山本隆編著

指導員が遊びを2ページ見開きで紹介×作業療法士が感覚統合遊びを2ページ見開きで分析する。

B5判 164頁/2,200円(税込)
〉大好評の『乳幼児期の感覚統合遊び』第2弾 大好評2刷

子ども理解からはじめる感覚統合遊び

保育者と作業療法士のコラボレーション

加藤寿宏監修
高畑脩平萩原広道田中佳子大久保めぐみ編著

子どもの気になる行動10タイプ別 支援と遊び30例。
保育者(集団の遊びを考え演出するプロ)と作業療法士(個の行動と遊びを分析するプロ)がコラボして、保育現場で見られる子どもの気になる行動を、感覚統合のトラブルの視点から10タイプに分類。,修旅堝阿陵由を理解、∋抉腓諒向性を考える、集団遊びや設定を紹介。

B5判 136頁/1,980円(税込)
〉できる・できないではなくて、頑張るわが子がステキに思える 2刷出来!

療育って何?

親子に笑顔を届けて

近藤直子
全国発達支援通園事業連絡協議会編著

「第一次障害児福祉計画」(2018)が始まり、2020年には「第二次子ども・子育て支援事業計画」が策定されます。多くの自治体が国の計画通り、1か所の「児童発達支援センター」「重心児デイサービス」の設置を計画していると思われ、発達支援事業所の数は増えていく中、どのような支援の仕組みづくりが必要なのでしょうか。

A5判 176頁/1,870円(税込)
〉あの日の事故を、“特別なケース”で終わらせない

ファミサポの安全を考える

八尾市乳児死亡事故を教訓に

平沼博将岩本朗藤井真希岩狹匡志編著

子どもの一時預かりファミリー・サポート・センター(ファミサポ)事業は、2015年に「子ども・子育て支援新制度」に位置づけられ、子育ての援助を受けたい人(依頼会員)と、援助を行う人(援助会員)を行政が橋渡しするという、年々利用する家庭が増えている注目される事業。

A5判 152頁/1,540円(税込)
〉物語の中にある、ゆびもじを探して、楽しみながら50音をたどる

ゆびもじえほん

一般社団法人全国手話通訳問題研究会
見杉宗則

保育園、幼稚園、小学校などで、歌をうたう時、手話をつける取り組みを見かけます。
テレビでも歌いながら手話をしているところを見たことがありませんか。
聞こえない方々のことばには、この手話と、指を折り曲げたり、様々な方向を向けて50音を表す「ゆびもじ」があります。

B5判横型上製カラー 28頁/1,760円(税込)
新刊本
著者名
書籍名
│や行3件││や│
ゆきづまる中学校実践をきりひらく
苦悩を乗り越え、共同の世界へ
中村牧男高木安夫田中朋福田敦志船越勝 全生研近畿地区全国委員連絡会
詳しく見る
ゆびもじえほん
一般社団法人全国手話通訳問題研究会見杉宗則
詳しく見る
よく遊び よく食べ よく眠る
発達が気になる子どもの子育て
加々見ちづ子松野安子
詳しく見る