Book review

青年・成人期障害問題

知的障害者の高等教育保障への展望

知的障害者の大学創造への道2

知的障害者の高等教育保障への展望 長谷川正人
ゆたかカレッジ/編著
発行 2020年4月
定価 2,420円(本体価格2,200円)
A5判 248頁
ISBN978-4-86342-285-8 C0037

知的障害者の高等教育、就労について考える

就労はむずかしいといわれていた人たちが、4年間の学びの中で成長し、一般就労(58・6%)と就労継続A型事業所(11・4%)を合わせて7割が最低賃金を保障されて働いている。
その秘訣をゆたかカレッジ設立の動機と8年のあゆみ、教育内容、学生・卒業生・保護者と支援教員の姿から明らかにする。

障害者福祉・教育・就労の第一線で活躍の方々との座談会収録!
 炭谷茂氏・社会福祉法人恩賜財団済生会理事長
 中邑賢龍氏・東京大学先端科学技術研究センター教授
 小林美保氏・文部科学省総合教育政策局障害者学習支援推進室長

IQで括られている知的障害の概念を根底から考え直す。知的障害者の働き方をインクルーシブに変えようとする。知的障害者を大学で受け入れる仕組みづくりを取り組む。

[もくじ]
プロローグ 横浜キャンパス誘致活動
第1章  ゆたかカレッジとは
第2章  ゆたかカレッジで何を学ぶ
第3章  ゆたかカレッジの卒業生と就職
第4章  ゆたかカレッジで教える
第5章  インクルーシブ社会への流れとゆたかカレッジ

著者プロフィール

no image

長谷川正人 Hasegawa Masato

1960年福岡県生まれ。
社会福祉法人「鞍手ゆたか福祉会」理事長

no image

ゆたかカレッジ 

「すべての人の学びの機会を創造を通じて社会に貢献すること」を理念に、東京都、神奈川県、福岡県、長崎県の8キャンパスで4年間の知的障害者教育に取り組んでいる。

この本を注文する