社会・環境・地域

大震災20年と復興災害

震災復興・原発震災提言シリーズ6

大震災20年と復興災害 塩崎賢明
西川榮一
出口俊一
兵庫県震災復興研究センター/編
発行 2015年1月
定価 2,420円(本体価格2,200円)
A5判 242頁
ISBN978-4-86342-154-7 C0036

復興に名を借りた新たな開発事業は「復興災害」である

復興災害 の現実から東日本大震災の復興と、次なる巨大災害に備える!
復興政策を被災者の救済、生活再建を中心に据え、少子高齢化、
人口減少の成熟社会における多様なニーズを捉え、
的確に対応できる「復興の仕組みづくり」こそが必要。

[もくじ]
1 検証─阪神・淡路大震災
 健康や安心を脅かす「借上公営住宅」/復興まちづくり事業の復興災害/
 神戸空港/「災害孤独死」/震災障害者/震災アスベスト/
 災害援護資金制度 /被災者・医療機関への公的支援/
 生活再建か「創造的復興」か

2 復興の備え
 ──阪神・淡路大震災から東日本大震災へ
 ボランティアの20年/災害医療・看護/
 復興基金──被災者支援に不可欠な裏技/
 寄付者の思いが伝わる義援金/ 被災者台帳システム/
 災害対策基本法・救助法・弔慰金法/
 福島・東日本の復興と再生可能エネルギー体系への転換

3 災害多発社会への備え
 現代技術都市と災害への備え/牙をむく自然・多発する豪雨災害/
 牙をむく自然・火山災害/宅地開発と都市計画/
 阪神の教訓と東日本の復興/被害額と復興財政/ 国際的枠組み

兵庫県震災復興研究センターの20年を振り返って
最新版・現行の被災者支援策

著者プロフィール

no image

塩崎賢明 Shiozaki Yoshimitsu

立命館大学政策科学部教授

no image

西川榮一 Nishikawa Eiichi

神戸商船大学名誉教授

no image

出口俊一 Deguchi Toshikazu

1948年尼崎市生まれ。関西大学法学部法律学科卒。公立学校教員、立命館大学講師を経て現在、兵庫県震災復興研究センター事務局長、関西学院大学災害復興制度研究所研究員、阪南大学講師、神戸松蔭女子学院大学講師。

no image

兵庫県震災復興研究センター 

http://www.shinsaiken.jp/
この本を注文する