>> 2016.7.16-09:59 >> はねたま通信

藤川幸之助さん講演会のお知らせ

『大好きだよ キヨちゃん』の著者、藤川幸之助さんが、京都で講演されます。
魅力たっぷりのお話を直接うかがえるこの機会をお見逃しなく。

高齢者虐待防止講演会
「支える側が支えられるとき〜認知症の母が教えてくれたこと〜」
とき:2016年8月5日(金) 午後2時〜4時
場所:ひと・まち交流館京都 2階 大会議室
講演:藤川幸之助
主催・申込:京都市長寿すこやかセンター

fujikawa1.jpg
2016.7.16-09:59
>> 2016.7.15-10:36 >> はねたま通信

7月の新刊

自立と希望をともにつくる 特別支援学級・学校の集団づくり
 湯浅恭正・小室友紀子・大和久勝/編著
 A5判160頁 定価:本体1800円+税
 ISBN978-4-86342-192-9 C0037

192_9.jpg

●キャリヤ発達、自立をめざしたスキル形成に重点を置く実践が
 多い中で、人やモノに積極的に働きかけ、
 希望をもって生きる力を育てようとする、
 子どもたちの自立への願いを理解し、希望を紡ぐ集団づくりを
 どう進めるか、その実践的展望を考える。
●発達する権利の保障にほど遠く「困っている」子どもたちに
 当事者の目線に立った創造的な生活指導実践を提起。

<もくじ>
第1章<特別支援学級>子どもの自立を支える集団づくり
 1 子どもたちが一緒に過ごすための経験を増やそう(小学校)
 2 岳は何に困っているの?(小学校)
 3 自分を安心して出せて肯定してくれる学び(中学校)
 実践コメント1 特別支援学級の実践を読みひらく
         子どもの自立を支える集団づくりの可能性

第2章<特別支援学校>自立を励まし、居場所をつくる集団づくり
 1 亜紀は友だちのなかで(知的障害児学校)
 2 つくりだす可能性をもとめて(肢体不自由児学校)
 実践コメント1 特別支援学校の実践を読みひらく
         自立を励まし、居場所をつくる集団づくり

第3章 障害のある子どもたちとつくる教育
    子どもの実態から/「なぜと問う」から始まる指導/
    信頼できるというメッセージ/「その気にさせる」のが指導/
    どの子にもある「がんばりたい心」/
    子どもを真ん中に支え合う・弱さやトラブルをバネに集団づくり/
    よろこびをちからに

第4章 特別支援学級・学校の役割と集団づくり
 1 インクルーシブ教育と特別支援学級・学校
 2 特別支援学級・学校の集団づくりを構想する視点
 3 子ども集団づくりを支える共同
2016.7.15-10:36

page top