新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2018.7.13-17:44 >> はねたま通信

8月の新刊

『ファミサポの安全を考える──八尾市乳児死亡事故を教訓に』
平沼博将・岩本 朗・藤井真希・岩狹匡志/編著
A5判・152頁 本体1400円+税
ISBN978-4-86342-241-4 C0036
241_4.jpg

あの日の事故を、“特別なケース”で終わらせない──

子どもの一時預かりファミリー・サポート・センター(ファミサポ)事業は、2015年に「子ども・子育て支援新制度」に位置づけられ、子育ての援助を受けたい人(依頼会員)と、援助を行う人(援助会員)を行政が橋渡しするという、年々利用する家庭が増えている注目される事業。

そんなファミサポで、1時間の預かり利用中に起こった事故。
預かり先で何が起きたのか、明らかにならない状況、行政の対応、裁判への経過を教訓に、制度の成り立ち、運営、事故補償などの現状をていねいに整理し、子どもの安全が守られる事業のあり方を問う。

[もくじ]
第1章 八尾ファミサポ事故の記録
1 事故発生から裁判までの経緯…藤井朋樹・藤井真希
2 民事裁判の経過と意義…岩本朗(弁護士)
3 「ファミサポ裁判を支える会」の取り組み
   …宮脇町子・湯川祥子・岩狹匡志(ファミサポ裁判を支える会)
4 八尾ファミサポ事故と報道…大西亜雅紗(MBS報道局)

第2章 ファミリー・サポート・センター事業の課題と展望
1 事業の現状と今後…東根ちよ(鳥取大学)
2 支援者養成の課題──アドバイザーの専門性を支える国・自治体の条件整備の必要性
  …東内瑠里子(日本福祉大学)
3 事故で明らかになったファミサポ事業の課題 
  …岩狹匡志(大阪保育運動連絡会)
4 子どもの発達と保育事故──預かり中の事故を防ぐために 
  …服部敬子(京都府立大学)

column:保育関係者・医師・弁護士などの視点から
石川幸枝(全国民間保育園経営研究懇話会)・
橋本卓(小児科医)・丸山豊美(支える会)・
二宮千賀子(NPO法人沖縄県学童・保育支援センター)・
寺町東子(弁護士)・小山義夫(赤ちゃんの急死を考える会)
2018.7.13-17:44

page top