新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2018.5.30-17:50 >> はねたま通信

6月の新刊

『認知症の人に寄り添う在宅医療──神科医による新たな取り組み』
 監修/平原佐斗司(東京ふれあい医療生活協同組合 梶原診療所)
 編著/内田直樹((医)すずらん会 たろうクリニック)
 執筆/
  内門大丈(湘南いなほクリニック)
  山内勇人((医)さくら会わかば台クリニック)
  高野洋輔((医)リカバリーこころのホームクリニック世田谷)
  上野秀樹(千葉大医学部附属病院)
 A5判・232頁 本体2200円+税
 ISBN978-4-86342-238-4 C0036
 認知症診療に、在宅医療という新たな選択肢を!
精神科医や認知症専門医が病院を飛び出すことで、認知症診療に与える新たな可能性とは。
認知症在宅医療の最先端を紹介!

座談会
・在宅医療の歴史(本流の在宅)と精神科在宅医療(新しいスタイル)とは
 平原佐斗司(東京ふれあい医療生活協同組合 梶原診療所)
 浦島創((医)すずらん会 たろうクリニック)
 内田直樹(同)
 司会:成本迅(京都府立医科大学大学院)
・在宅医療に関わる精神科医としてそれぞれの立場から(非常勤、常勤、開業)
 園田薫(藍野病院)
 夏堀龍暢((医)鉄祐会 祐ホームクリニック)
 浦島創((医)すずらん会 たろうクリニック)
2018.5.30-17:50

page top