新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2017.8.10-17:19 >> はねたま通信

何度でもやりなおせる出版記念シンポジウム

『何度でもやりなおせる ひきこもり支援の実践と研究の今』出版を記念して、
シンポジウムを開催します。
9月2日(土)
13:00〜16:30
佛教大学二条キャンパス201号室
参加費無料
主催/シンポジウム「ひきこもり支援の実践と研究の今」実行委員会
後援/佛教大学、新日本婦人の会京都府本部、日本科学者会議京都支部
国内に100万人以上と言われるひきこもり。
本人・家族、そして医療や福祉、教育の立場で当事者と歩む人たちとの
パネルディスカッション、講演を通して、ひきこもりの正しい理解と
適切な支援、問題解決の道を探ります。

[プログラム]
第1部 パネルディスカッション
・オープニング(ソング&トーク)
「何度でもやりなおせる─自分にあった道を探して」 当事者:たなかきょう
・「信じて任せて待つ─決して孤立しないこと」 家族:津島治
・「当事者・家族に寄り添う支援をめざして─ひきこもり支援実践論」
  青木道忠(NPO法人子ども・若者支援ネットワーク大阪顧問)
・フロア発言を交えて質疑、討論

第2部 講演「ひきこもり問題の理解と支援」
 漆葉成彦(佛教大学保健医療技術学部教授・精神科医)
2017.8.10-17:19

page top