新着ニュース
カテゴリー
以前の記事
著者リンク

Access:

>> 2020.7.2-10:33 >> はねたま通信

7月の新刊

『作業療法士がすすめる認知症ケアガイド
 行動心理症状の理解と対応&活動の用い方』
ローラ・N・ギトリン キャサリン・V・ピアソン/著
西田征治・小川真寛・白井はる奈・内山由美子/訳
B5判136頁2色刷 1800円+税
認知症のある人と介護者のベストサポートを見つけよう!
294_0.jpg
続きを読む>>
2020.7.2-10:33
>> 2020.6.16-10:26 >> はねたま通信

「感覚統合遊び」まとめサイト「カンカクラボ」

NARAKAN×FLOW「感覚統合遊び」まとめサイト「カンカクラボ」が
オープンしました。
https://www.kankaku-labo.net/

コロナウイルス感染拡大により、普段とは異なる環境で過ごさなくてはいけない子どもたちが増えました。この変化によって、教科学習の機会だけでなく、身体を使った「遊び」の機会も減少しています。
そんななか、子どもに関わる専門家からなる研究会NARAKAN(主に奈良県内で働く保育者と作業療法士から構成、年に2回、専門職向けセミナーを開催)と、FLOW(児童発達支援/放課後等デイサービス/保育所等訪問支援)さんが中心となり、保育者、作業療法士、公認心理師、出版社などの有志メンバーがチームを組んで立ち上げたサイトです。
2020.6.16-10:26
>> 2020.5.28-13:11 >> はねたま通信

6月の新刊

全国認知症カフェガイドブック
認知症のイメージを変えるソーシャル・イノベーション
コスガ聡一/著
「認知症になってもおしまいじゃない」
全国の認知症カフェを徹底取材して、ユニークに類型化、様々な広がりを見せる現在の認知症カフェの特徴を紹介します。武地一医師(藤田医科大学病院、「オレンジカフェ・コモンズ」創立者)との対談も必読!
【6月中旬発売です】

288-9.jpg
続きを読む>>
2020.5.28-13:11
>> 2020.5.9-17:01 >> はねたま通信

絵本こどもに伝える認知症シリーズ最新刊

絵本こどもに伝える認知症シリーズ第2弾、
『おじいちゃんの手帳』が出来上がりました。
今回のイラストは、京都・滋賀を拠点に活動されている、よしだよしえいさんです。
上記、新しい本の紹介から詳細をご覧ください。
2020.5.9-17:01
>> 2020.5.5-22:26 >> はねたま通信

連休中のご注文について

5月1日〜6日はお休みをいただきます。
HP、メール、FAXでのご注文は、7日に発送いたします。
お待たせしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。
2020.5.5-22:26
>> 2020.3.12-12:03 >> はねたま通信

『老いる前の整理はじめます』各紙で紹介

『老いる前の整理はじめます 暮らしと「物」のリアルフォトブック』が
静岡新聞、信濃毎日新聞など各紙で取り上げられています。
「60代から地道に片付け」「老いる前がおすすめ」として、写真とともに紹介されています。
押し入れ、本棚、植木鉢…リアルな写真満載の
本の詳細は下記「やっぱりオススメ」からご覧ください。
2020.3.12-12:03
>> 2020.3.3-19:21 >> はねたま通信

絵本こどもに伝える認知症シリーズ刊行

詩人、児童文学作家としてご活躍中の藤川幸之助さんが、若手作家と組んで贈る
絵本こどもに伝える認知症(全5巻)の第1弾『赤ちゃん キューちゃん』がついにできあがりました。
時間や場所や人がわからなくなってしまい、自分が若い頃に戻っていまを過ごすおばあちゃん。
いつも手にはやさしく人形を抱えています。
息子であるお父さんと、お母さん、孫の節ちゃん、それぞれの視点と気持ちが、シンプルことばと情緒的なイラストで表現され、「認知症」とはどんなものかを伝えます。楽しかった頃に戻るおばあちゃんのこころに思いをめぐらせ涙。
今回のイラストを担当したのは、書籍装画や雑誌挿絵を中心に仕事をされている宮本ジジさん。主人公のおばあちゃんのおだやかな笑顔が印象的です。ネコもかわいい。
ぜひご覧ください。
続きを読む>>
2020.3.3-19:21
>> 2020.2.12-10:52 >> はねたま通信

『いっしょにね!!』朝日新聞に掲載されました

2月11日(火)朝日新聞に大阪・岸和田市で活動する「いっしょにね!!」の活動が取り上げられ、
絵本と書籍3冊セット『いっしょにね!!』が紹介されました。
障害がある子とない子と大人たちがいっしょに活動し、障害理解と地域づくりの種まきを続けてきた「いっしょにね!!」の、紙芝居をもとにした絵本『わたしの妹』『ゆうくん』、活動のあゆみ『いっしょにね!!』、おすすめです。
下の書影をクリックして詳細をご覧いただけます。
2020.2.12-10:52

NPO法人はびりす出版記念講演会開催!

岐阜県大垣市に本拠地をかまえる、NPO法人はびりすが「ついでプログラム」「読み書き支援プログラム」刊行に伴い出版記念講演会 開催!

・2020年3月15日(日曜日)
・岐阜県 大垣市ソフトピアジャパンセンタービル10F 大会議室
・参加費3000円
詳細はチラシをご覧ください。
お申し込みは、チラシをFAXしていただくか、申込みフォームよりお願いします。

申込みフォーム
https://form.run/@habilisevent-0315

habilis_A4.jpghabilis_A4-02.jpg
2020.1.23-10:30
>> 2020.1.8-09:43 >> はねたま通信

おすすめの新刊

はびりすシリーズ第2弾『みんなでつなぐ読み書き支援プログラム−フローチャートで分析、子どもに応じたオーダーメイドの支援−』(井川典克/監修 高畑脩平・奥津光佳・萩原広道・特定非営利活動法人はびりす/編著 本体2200円)、1月末発売予定です。
第1弾の『凸凹子どもがメキメキ伸びるついでプログラム』も好評発売中。あわせてご覧ください。
2020.1.8-09:43

page top